NPO法人 ジャパンハーブソサエティー 千葉支部

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2014年度第2回千葉支部セミナーの報告

2014年度第2回千葉支部セミナー
「高砂香料コレクション・ギャラリー&代々木VILLAGE庭園見学」の報告


今年度2回目の千葉支部セミナーとして、10月16日(木)に「高砂香料コレクション・ギャラリー&代々木VILLAGE庭園見学」に行ってきました。

「高砂香料コレクション・ギャラリー」では、日本の伝統芸道を伝える香道具、香炉、香合をはじめ、中国の香炉、古代エジプト、ギリシャ、ローマ時代の香油瓶、香料素材などが展示してありました。
特に印象に残ったのは、香料素材の龍涎香(アンバーグリス)と麝香(ムスク)の展示です。

アンバーグリスは、抹香鯨の胃や腸にできる病的結石で、中国では龍の涎といわれるほどに珍重され、媚薬として後宮の佳麗たちにはなくてはならないものだったそうです。
また、ムスクはチベット、雲南、ネパールなどの山岳地帯に生息している雄の麝香鹿の生殖腺分泌物で、その下腹部にある香のうを切り取って乾燥したものです。
香りの王者といわれるムスクは昔から高貴な神仙薬、媚薬、香料として洋の東西で使われ、そのため年間1万5千頭もの麝香鹿が殺されてきたが、近年、野生動物保護法により捕獲が禁止され、現在はほとんど合成ムスクでまかなわれているそうです。

<アンバーグリス>                
アンバーグリス

<ムスク>
ムスク

「代々木VILLAGE」では、ハーブセミナー2014全国大会で講演されたプラントハンター西畠清順氏が全面プロデュースをした庭園を見学しました。個性豊かな世界各国の植物を見ることが出来、とても見応えがありました。

代々木ビレッジ

下記の写真の植物は、郵便局の木として郵便局のシンボルツリーに定められているそうです。
実際に葉っぱに文字を書き、120円切手を貼ってポストに入れると郵便はがきとして取り扱ってくれるそうです。

郵便局の木

ランチは、代々木VILLAGE内にあるcode kurkkuで美味しいイタリアンをいただきました。

季節のイタリアン御膳

当初予定していたJHS月例会新宿御苑見学会は、デング熱の影響で中止となり残念でしたが、予定を変更してのセミナーも有意義な時間を参加者の皆様と過ごすことが出来ました。
参加者の皆様ありがとうございました。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。